ディーセント・ワーク

三度の飯より映画が好き。三度の飯を食える人権が好き。

そのワガママは、あなたがやっても"ワガママ"ですか?「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」感想

bananakayo.jp <あらすじ>筋ジストロフィーを抱える鹿野靖明(大泉洋)は、重度の障害にも拘らず病院や施設を拒否し、多くのボランティアに支えられながら札幌市の自宅で自立生活を送っていた。ある日、ひょんなことからボランティアとして参加するハメに…

動物映画の抱える倫理問題と「ファンタスティック・ビースト」の魔法動物たち(前半)

私はたいそうな動物好きでして。地元の動物愛護団体に細々とながら協力してるし、個人で活動してる猫ボランティアさんにも細々とながら協力してるし、なにせ私自身、家で保護猫を9匹も飼っている。その上、最近はベジタリアンでもある。なんて話をすると、…

虚と実、正義と悪、全部が僕を大人にする「パパはわるものチャンピオン」感想

papawaru.jp <あらすじ>9歳になる祥太は美容師のママとマッチョなパパとの3人暮らし。でも、なぜかパパは職業を教えてくれない。ある日、意を決して車に忍び込んだ祥太は、覆面悪役レスラー「ゴキブリマスク」として戦うパパ・大村孝志の姿を目撃してし…

生きろ、そなたは美しい ! 「愛しのアイリーン」感想

irene-movie.jp <あらすじ>執拗に結婚を催促する母と認知症の父を抱え、42歳になっても山奥の実家で暮らす岩男。口下手で内気な性格が災いし、ようやく訪れた恋愛のチャンスも逃してしまう。自暴自棄になった岩男は大枚をはたいてフィリピンのお見合いツ…

運命の相手は自分で選べ! 「ヴェノム」感想(ややネタバレ)

www.venom-movie.jp <あらすじ>TV局で活躍する熱血記者エディ(トム・ハーディ)は、大企業「ライフ財団」が極秘裏にホームレスを人体実験に使用していると知り、取材を試みる。しかし強引な手法が災いして職も恋人も失ってしまう。やさぐれた生活を送るエ…

妊婦にとってこの世はホラー!「クワイエット・プレイス」感想

quietplace.jp <あらすじ>大きな音に反応して襲ってくる"なにか"によって荒廃した近未来。数少ない生き残りである一家は、物音を絶てないよう工夫を凝らしながら山奥で生き抜いていた。しかし、妻エヴリンは出産を控えていて…。 音に反応する敵から身を隠…

備忘録「菊とギロチン」「ザ・プレデター」「焼肉ドラゴン」「スカイスクレイパー」感想

前回に引き続き、溜まってるのでどんどん行きましょう。菊とギロチン 大変な傑作だったので、この作品についてはまた改めてしっかり感想を書きたい。とはいえ決して見やすい映画ではなく、おかしなところは沢山あって、思想的にも好き嫌いが分かれることは確…

備忘録「プーと大人になった僕」「MEG ザ・モンスター」「ウインド・リバー」感想

いや~ダメですね。もう前回の記事から1カ月以上じゃないか。9月はずっと体調悪かったのもありますが、それにしてもね。 ひとまず駆け足で雑感だけ。プーと大人になった僕 大変優れたファンタジー作品。空想は卒業の対象ではなく共存すべきもの、空想と共…

これぞファミリー・ムービー!「アントマン&ワスプ」

風邪が長引いて寝込んでたため、この映画見たのいつだよって感じのレビューですが、めげずにやっていきましょう。(?) marvel.disney.co.jp科学をあれこれした特性スーツで自在に大きさを変えられる「身長1.5センチの最強ヒーロー」第2作。かつて夫・ピム…

雑味ありすぎの珍作「検察側の罪人」ネタバレなし

kensatsugawa-movie.jp 【あらすじ】東京地検のエリート検事・最上(キムタク)は、大学時代に知り合いの少女が殺害された事件を引きすりながら暮らしていた。ある日、担当することになった夫婦殺害事件の被疑者の中に、少女殺害事件の重要参考人だった人物…

全部、ご先祖様のおかげ!?「未来のミライ」ネタバレ感想

mirai-no-mirai.jpなんとなく漏れ聞こえる評判の数々から、細田作品をきちんと見ることは生涯ないだろうと思っていたのだけど、何の因果か鑑賞の機会に恵まれて見てきた。これから書くことは大変批判的な内容なので、ファンの方はどうかお目を汚さず、自分の…

こまけーこたいいんだよ! 「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」ネタバレあり感想

www.mammamiamovie.jp 2008年に公開された大ヒットミュージカル映画「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。前作でメリル・ストリープが演じた主人公ドナの若き日を描く前日談を中心とし、一方では母の夢を受け継いだソフィがホテルの改装披露パーティー…

鑑賞後に読んでね 「カメラを止めるな!」完全ネタバレ感想

kametome.net わずか2館の上映から始まり、話題が話題を呼んで全国的ヒットにまで登り詰めた本作。よく言われてるように事前情報を出来るだけ入れない方がより楽しめる作品なので、ネタバレ全開で書くこのレビューはぜひ 鑑 賞 後 に 読 ん で 頂 き た い …

女たちの自由と未来! 「オーシャンズ8」ネタバレあり

wwws.warnerbros.co.jp私は30代半ばまでイケスカナイ映画好きだったので、こういうザ・娯楽作は興味を持てなくて、これが初オーシャンズシリーズです。ごめんちょ。というわけで前作までの経緯とか全く知らない状態で観ましたが、十分に楽しめる内容でした…

いろいろ投げっぱなし 「インクレディブル・ファミリー」ネタバレあり

www.disney.co.jp マッチョなスーパーヒーローが家事育児! 一方、同じくスパーヒーローの妻は世界を救うために大活躍?!みたいな予告が面白そうで期待していた作品。‥‥なんだけど、先に結論を言ってしまうと、かなりガッカリだった。前作未見なのでそちら…

恐竜界にも動物解放の流れ?「ジュラシック・ワールド 炎の王国」「ランペイジ 巨獣大乱闘」ネタバレあり

ジュラシックシリーズの最新作、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を見てきた。 www.jurassicworld.jp (以下、紹介する2作品のネタバレあり)予告の火山爆発どかーん! クリプラは恐竜ちゃんを助け出し、噴火から逃げ切れるのか!?みたいな展開は最初…

オギーのような少年と、謝れなかった私。 「ワンダー 君は太陽」

映画「ワンダー 君は太陽」を見てきた。wonder-movie.jp 私は幼いころから、いわゆる病気や障害を持った人の出てくるお涙チョーダイ物が大嫌いだ。嫌いを通り越して憎んでいると言ってもいい。理由は簡単で、私自身が生まれつきの障害(心疾患)を持っている…

性暴力をぶっ飛ばせ! 映画「お嬢さん」

地元で上映されなかったために長いこと鑑賞を逃していた韓国映画「お嬢さん」をようやく見た。ojosan.jp 1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で育った天涯孤独の少女スッキは、詐欺仲間からある計画を持ち掛けられる。莫大な財産の相続権を持つ令嬢を誘惑…

【感想】「北欧に学ぶ小さなファミニストの本」

スウェーデンの児童向けフェミニズム入門書「北欧に学ぶ小さなフェミニストの本」(作:サッサ・ブーレグレーン 訳:枇谷玲子)を読んだ。新聞でG8サミットの写真を見た10歳の少女エッバ。「世界の権力者」と題された写真に並ぶ首脳が全員男性(当時)で…

2018年に観る「ズートピア」

2016年公開のディズニーアニメ映画「ズートピア」は、動物の世界を舞台に差別問題を扱った社会派ミステリーアクションだ。アカデミー賞を始め多くの賞を獲得し、各方面から高い評価を受けている。アニメーションとしての技術的クオリティはもう、べらぼうに…

マイノリティのサマーキャンプ 「アダムス・ファミリー2」

記憶にある限り、私が生まれて初めて映画館で観た実写映画は「アダムス・ファミリー」だ。初体験がこの作品だなんて、恵まれていたとつくづく思う。「アダムス・ファミリー」はゴシックな衣装/美術と鋭いブラックユーモア満載のホラーコメディ家族映画で、観…